Event is FINISHED

【対談公開収録】人事のためのデータ分析・活用のポイント

Description
より良い人事施策を考えるために、データを活用する企業が増えています。ビジネスリサーチラボでは、組織サーベイや人事データ分析といったサービス提供を通じて、企業人事のデータ活用を支援しています。

人事のデータ分析をより意義のあるものにするためには、何が必要でしょうか。ビジネスリサーチラボ代表取締役の伊達洋駆と、テクニカルフェローの正木郁太郎が対談形式で、例えば、次の点について語ります。

  • 統計分析が有効に機能するシーンとそうではないシーン
  • データ分析テーマの決め方
  • 有用な示唆を出せるデータの取り方・探し方
  • 意外と奥深い組織サーベイの項目設計
  • データ分析でよくつまずくポイント
  • 社内で実施できる場合と社外の助けを借りる場合の違い
  • 単純集計と統計分析は何がどう違うのか など
本対談の内容は、後日レポート記事として公開しますが
事前にお申し込みいただければ、対談の様子を観覧することができます。

------------------------------------------------------------

【開催概要】

◆日時:2020年9月10日(木)15:00-16:00
※本セミナーはオンラインセミナーです。

◆定員:50名(先着順) →100名
 当日参加が難しい方で、後日レポート記事公開時にご案内を希望される方は、「レポート案内のみ希望」のチケットをお申込みください。

 ※「参加チケット」をお申込みいただいた方にはレポート公開時のご案内もいたしますので、重ねての申込はご不要です。

◆参加費:無料

◆対象:
  • データ分析に関心をお持ちの企業人事の方
  • その他、人事データの分析・活用に関心をお持ちの方

◆登壇者:
伊達洋駆 株式会社ビジネスリサーチラボ 代表取締役
神戸大学大学院経営学研究科 博士前期課程修了。修士(経営学)。2009年にLLPビジネスリサーチラボ、2011年に株式会社ビジネスリサーチラボを創業。以降、組織・人事領域を中心に、民間企業を対象にした調査・コンサルティング事業を展開。研究知と実践知の両方を活用した「アカデミックリサーチ」をコンセプトに、ピープルアナリティクスやエンゲージメントサーベイのサービスを提供している。共著に『組織論と行動科学から見た 人と組織のマネジメントバイアス』(ソシム)や『「最高の人材」が入社する 採用の絶対ルール』(ナツメ社)など。

正木郁太郎 株式会社ビジネスリサーチラボ テクニカルフェロー
2017年東京大学大学院人文社会系研究科博士後期課程修了。博士(社会心理学)。2020年現在、同研究科研究員として在籍。人事・組織に関する研究やHRTech、さらに中等教育などの領域で、民間企業からの業務委託や、アドバイザーなどを複数兼務。組織のダイバーシティに関する研究を中心として、社会心理学や産業・組織心理学を主たる研究領域としており、企業や学校現場の問題関心と学術研究の橋渡しとなることを目指している。著書に『職場における性別ダイバーシティの心理的影響』(東京大学出版会)がある。

◆ご参加にあたってのお願い:本セミナーは、主催者が関与するウェブサイト等の広報手段、講演資料、書籍等に用いるため録音・録画させて頂きます。また、本セミナーの情報は各種メディアによる取材に対しても提供することがあります。ご参加に際してはあらかじめご了承ください。

◆事前準備:
ZOOMを使用するため、事前にダウンロードください。
https://zoom.us/download
ダウンロード・インストールに必要な時間は5分程度です。
セミナー参加に必要なURL等は、参加申し込み後にpeatixにてご確認いただけます。

◆主催:
株式会社ビジネスリサーチラボ
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#706036 2020-08-21 03:51:31
More updates
Thu Sep 10, 2020
3:00 PM - 4:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Online event
Tickets
参加チケット FULL
レポート案内のみ希望 ※参加チケット申込みの方にはレポート案内もいたします。 FULL
Organizer
ビジネスリサーチラボ事務局
1,927 Followers

[PR] Recommended information